02. プログラミング初心者が「性格診断テスト」をPHPで作ってみた

PHP

前回の記事では、作った経緯などを書きましたが、いよいよ実際にコードを書いていきます。

今回進めること – 性格診断テスト作成

診断結果ごとにURLを変更する方法がまだ分からないので、ひとまず以下のような形で進めていきます↓

性格診断テストvol.01

<shidan_i-e.php>
質問フォームの作成

<shidan-result_i-e.php>
回答を集計し、診断結果を動的に表示
(今回は、同一のURLで表示させることに留めます)

性格診断テストvol.01の作成

まず、質問フォームをhtmlだけで静的に書いていきます。
「はい or いいえ」で答えられる質問文を作り、その回答により性格タイプを診断していきます。今回作成する性格診断テストは、内向型(I)か外向型(E)を診断します。
(具体的な質問文については、省略します)

(shidan_i-e.php)01

<form method="post" action="">
    <!-- 質問文01 -->
    <p style="font-weight:bold;">1.質問文01</p>
    <!-- 選択肢 -->
    <div><label><input required="" type="radio" name="shindan1" value="i"> はい</label></div>
    <div><label><input required="" type="radio" name="shindan1" value="e"> いいえ</label></div>

    <!-- 質問文02 -->
    <p style="font-weight:bold;">2.質問文02</p>
    <!-- 選択肢 -->
    <div><label><input required="" type="radio" name="shindan2" value="i"> はい</label></div>
    <div><label><input required="" type="radio" name="shindan2" value="e"> いいえ</label></div>

    <!-- 質問文03と続いていく -->
</form>

「value=”i”」=「内向型(I)」、「value=”e”」=「外向型(e)」となり、それぞれの合計数により、性格タイプが「内向型(i)」か「外向型(e)」を診断していきます。

せっかくですので、質問文と回答を配列にして、foreach文で回せるようにしました↓

(shidan_i-e.php)02

<?php

  $aryShindan = [];

  $cnt = 1;
  $aryShindan[$cnt]['question'] = '妻・夫、または彼女・彼氏がいる?';
  $aryShindan[$cnt]['answer'][] = ['point' => 'i', 'text' => 'はい'];
  $aryShindan[$cnt]['answer'][] = ['point' => 'e', 'text' => 'いいえ'];

  $cnt = 2;
  $aryShindan[$cnt]['question'] = 'あなたのLINEの友達の人数は?';
  $aryShindan[$cnt]['answer'][] = ['point' => 'e', 'text' => 'はい'];
  $aryShindan[$cnt]['answer'][] = ['point' => 'i', 'text' => 'いいえ'];

  $cnt = 3;
  $aryShindan[$cnt]['question'] = '週ごとに友達とは何日会う?';
  $aryShindan[$cnt]['answer'][] = ['point' => 'e', 'text' => 'はい'];
  $aryShindan[$cnt]['answer'][] = ['point' => 'i', 'text' => 'いいえ'];

  $cnt = 4;
  $aryShindan[$cnt]['question'] = '年賀状は何枚届いた?';
  $aryShindan[$cnt]['answer'][] = ['point' => 'i', 'text' => 'はい'];
  $aryShindan[$cnt]['answer'][] = ['point' => 'e', 'text' => 'いいえ'];

  $cnt = 5;
  $aryShindan[$cnt]['question'] = 'あけおめLINEが届いた人数は?';
  $aryShindan[$cnt]['answer'][] = ['point' => 'i', 'text' => 'はい'];
  $aryShindan[$cnt]['answer'][] = ['point' => 'e', 'text' => 'いいえ'];

?>


<form method="post" action="shidan-result_i-e.php">
<?php foreach($aryShindan as $key1 => $val1){ ?>
  <!-- 質問文 -->
  <p style="font-weight:bold;"><?php echo $key1.'.'.$val1['question'] ?></p>
  <?php foreach($val1['answer'] as $key2 => $val2){ ?>
  <!--  選択肢 -->
  <div><label><input required type="radio" name="shindan<?php echo $key1 ?>" value="<?php echo $val2['point'] ?>"> <?php echo $val2['text'] ?></label></div>
  <?php } ?>
<?php } ?>
  <input class="bold" type="submit" value="回答する">
</form>

そして、受け取り先のページで、回答結果を集計し、性格診断の結果を表示させます。

(shidan-result_i-e.php)01

<?php

// 診断結果を受け取る変数
$result_i = 0;
$result_e = 0;

// 診断結果を集計
foreach($_POST as $key => $value){
    if($value === 'i'){
        $result_i++;
    } elseif ($value === 'e') {
        $result_e++;
    }
}

// 診断結果を集計結果により、診断結果の文章を変更!
if($result_i > $result_e){
    $result = '診断結果:内向型(I)';
}else{
    $result = '診断結果:外向型(E)';
}
?>

<!-- 診断結果を表示 -->
<p><?php echo $result ?></p>

これで、簡易的ですが診断テストが完成しました!
コードはgithubにあげています↓

yuki-iwase/seikakushindan
Contribute to yuki-iwase/seikakushindan development by creating an account on GitHub.

次回は、診断結果によりURLを変えていきたいと思います。

前の記事 / 次の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました